2006年01月20日

No.125 心象スケッチ

すごくこの言葉が好き。

「心象スケッチ」

先日レポートのための本を借りに大学の図書館に行った。

宮沢賢治について書くわけじゃないんだけど、好きなので、立ち読み。

賢治さんは自分の書いたものは詩でなくて、「心象のスケッチ」と言う。やばい。かっこいい。その場で鳥肌。


太宰治を最近読んでる。太宰にはまる人の気持ちがわかってきた。

逆に志賀直哉は最近冴えない。浪人時代には志賀直哉ばかり読んでいた。だけど、今日なんか読みながら笑ってしまった。

谷崎潤一郎、よい。よいよ、俺は好きだね。

他にも色々想うことはあるけど、バンドのホームページなのでこの辺で。

って何か国文科にはいり二年が経ち、今までとは違う考え、好みになってきたなと。


さて話題は変わって、 佐賀でライブします。気が狂ったか?と想わないでください。友人、北川健太のそれまた友からのお誘い。本当にうれしいことだ。2月19日佐賀までみんな来てね!
posted by アルフレード at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。