2006年02月26日

No.136 怖かった…

恒例、夢の話。

まず、何故かレミオロメンと対バンして藤巻(あってますよね?)氏と仲良く話した。
それはまぁ、楽しい夢だった。

が、その後にみたのががやばい。
夢か現実かわからないんだけど、金縛り。自分の部屋なんだけど、窓が開いていて、カーテンがひらひら。怖くなって無理矢理声をだし、なんとか動く。が、電気をつけてもつかない。そして水道の水が激しくでている。とにかく怖い、暗い。布団に潜りこんで、ひたすら朝になるのを待った。どこまでが夢なのかわからなくて怖い。起きたら当然テンション低い。誰か夢占いを。

だから、ガキの使いDVDを見て笑って元気をだしつつあります。笑うことっていいね。
posted by アルフレード at 09:40| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう一人で弾き語りやったんだね〜ずるい(>_<)今度いつやる?
Posted by 古湯の側人 at 2006年02月27日 01:05
なんか気分がのって、突然思い立ったからさ(笑)やろうよ!
Posted by くが at 2006年02月27日 11:45
わかる、本当に有り得ない夢見る時あるよね。トイルにも行けない時もあるし、サスペンスもある…でも、不思議とすぐ忘れるんだよね。
Posted by 健太ママ at 2006年03月04日 00:22
Posted by 健太ママ at 2006年03月04日 00:23
トイルじゃなくトイレでした‥
Posted by 健太ママ at 2006年03月04日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。